月別: 2018年2月

薄毛の問題はセンシティブな問題となるかどうか

薄毛の問題はセンシティブな問題というのが共通認識だと思いますが、実際のところはどうなのかと言うとこれは人に依るといったところが正解なのかもしれませんが、要はagaにせよ薄毛にせよ、一概には言えないというのがもっぱらなところだというところのようです。

薄毛について本人がそれほど深刻に思っていない場合もあれば、ぎゃくもまた然り。楽観的か悲観的かは人に依る部分だとしても、そこはそれほど大した違いではなく、重要なのは薄毛を改善したいという気持ちは誰しも持っているということです。程度の差こそあれ、薄毛が改善できるのなら改善したいということが人の性だと言えるのかもしれませんが、それは人によると言うところもまた心得ておくのが良いように思います。

ということで、薄毛の対応を取るに当たって、大いに騒ぐのを好む人もいれば、静かな時間を好む人もいます。
そこで必要なのは、周囲に理解して協力してもらうことも大切です。

ギャンブルや過度の飲食は長期的にストレスとなり逆効果ですが、それ以外の身近なところに、ストレス解消のヒントがあるかもしれません。

育毛といえば、ブラシで頭をトントンするという方法を思い起こす人も意外と多いのには驚きます。叩くのですから、たしかに血行が良くなる(赤くなる)でしょう。

でも本当にそれを自己流で応用しているのではないかと、ときどき心配になります。
AGA治療で病院とか

自宅にあるブラシで頭皮を叩いたとすると、頭皮にものすごい負担をかけてしまうので、絶対に行わないでください。

毛で覆われている部分はそうでない部分に比べて柔らかく、デリケートですから、叩いたりなんかしたら地肌や毛根を傷めて、角質層が厚くなってフケが増えたり健康な髪が生えなくなったりします。
血行促進にはヘッドスパやマッサージが有効ですが、間違っても爪でカリカリしないでください。過度な負担をかけないようソフトに行うのがコツです。
国内での認知度や浸透率はまだまだのようですが、海外では出力を抑えたレーザー光による「育毛」が脚光を浴びており、家庭でできる製品も販売され、じわじわと利用者を広げています。

いまある毛根に作用するため、完全に毛根がなくなっているところでは、発毛させるのは困難ですが、ある程度の実績が認められなければFDAの認可は受けられないので、毛根が残っている人ならば良い増毛効果が得られるようです。
家庭用に出力を抑えたレーザー機器は5〜6種類が日本語で入手可能ですが、すべてがFDAの認証を得たものではないので鑑別が必要です。

また、レーザー脱毛は様子を見ながらスポット的に行えますが、育毛剤効果では頭皮という自分で見えない位置に照射しなければならないため、機器そのものの値段は設備に比例して高めです。いま購入するか、手頃な価格帯の販売を待つか、難しいところですね。